ぼっちを救うSNS「CTime×SDGs」の最新情報サイト

CTimeNEWS.com

未分類

CTimeと CTime公式CTimerについて愛木らむが語ります

投稿日:2019年5月19日 更新日:

CTime公式CTimerになるにはCTimeを使いこなしてCTime愛が芽生えないことには始まらないと思っています。
では「愛」とは何か……
愛とはその対象の幸せを願い自分の欲を手放して自分のエネルギーをその対象に注ぐ事です。
「好き」や「恋」は自分に吸収したい取り込みたいものですが、「愛」はそれとは反対なので、返報性の原理も無視された宇宙の原理です。
無償の愛を我が子に注いでいる親子さんなら理解していただけると思います。そして「恋愛」で悩み苦しむ方々は、この正反対の性質をもった「恋」と「愛」が心に共存する状態だから葛藤しているわけですよね。
CTimeも恋愛と全く同じだと思っています。
特に最近は CTimeの収益化が始まった事でCTimeに登録される最初の動機が、「興味」や「好き」(収益期待)など吸収したい自分の為の欲や期待から登録された人が少なくなのではないでしょうか。
そういう方々が、そこから恋愛と同じように CTimeに対しても「興味→恋→愛」に移行できるかが、その後 CTimeを継続して使っていくのかやめるのか、もしくは CTime公式インフルエンサーになれるのかなれないのか、運命の分かれ道だと思っています。
CTimerさんには夫婦や家族が仲良しの方が多いとよく耳にしますが、CTimeは「ぼっちを救うSNS」というキャッチもついているだけあって、どこか里親制度に似た性質を持っているのではないかと思うときがあります。
私も救われた1人ですので私を救ってくれたCTimeには感謝しきれないほど感謝しています。だからこうして今度はお返しの番だと返報性の原理も働いて CTimeに対して私なりの貢献できる方法を模索しているわけです。
私は自分のブログに「CTimeに恋してる」というタイトルをつけています。愛は芽生えたけれど私は人としての器は大きくないので堂々と愛してるとまでは公言できません。でも、恋はしてるので愛に変換していくプロセスを辿っている過程なのかもしれませんが。
つまり何が言いたいかと言いますと……
CTimeに恋してます!!!😆😆😆✨✨✨
それが言いたかったです🥳
告白しちゃった。あは(*´艸`*)♪

CTimeダウンロードはこちら

CTime - WCO Inc.

-未分類

Copyright© CTimeNEWS.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.